【GRiiixの発売発表】 GRiiiと何が変わった?

GRiiiの後継機?が発売されるらしい

GRiiixの発売が発表されたらしい 従来機種であるGRiiiは2019春に発売された機種であり、現在でも最前線で使用されている機種である。特に「スナップシューター」として、写真愛好家に好まれる機種である。サイズ、操作感、起動速度において抜きん出ており、SNS映えするような派手さではなく、日常の何気ない一コマに情緒やストーリーを込めて切り取るという、スペック値では表現できない名機であった。

そんな完成された「スナップシューター」の後継機?として発表されたのが、GRiiixだ。GRivではなくGRiiix。果たしてどのような違いがあるのか、メーカー公式HPに記載されていたスペック表を基にどのような機種か見ていきたい。(さっきスペック値では表現できないといってたやん。。)

GRiiix vs GRiii

公式HPから引っ張ってきたスペック表が以下。

 

製品名 RICOH GR IIIx RICOH GR III
画素数 約2424万画素(有効画素) 約2424万画素(有効画素)
撮影素子 23.5mm x 15.6mm

CMOS

23.5mm x 15.6mm

CMOS

高感度(ISO感度) ISO100-102400 ISO100-102400
焦点距離 26.1mm (35ミリ判換算で約40mm相当) 18.3mm (35ミリ判換算で約28mm相当)
F値 f/2.8-F16 f/2.8-F16
撮影距離 標準: 約0.2m-∞

マクロ: 約0.12m-0.24m

標準: 約0.1m-∞

マクロ: 約0.06m-0.12m

連写撮影 4.2コマ/秒 4.2コマ/秒
シャッタースピード 1/4000-30秒 1/4000-30秒
画像モニター 3型

103.7万ドット

3型

103.7万ドット

電池タイプ DB-110 DB-110
電池寿命(撮影枚数) 約200枚 約200枚
記録メディア SDカード

SDHCカード

SDXCカード

SDカード

SDHCカード

SDXCカード

内蔵メモリ 約2GB 約2GB
防塵・防滴
幅 x 高さ x 奥行き

(突起部含まず)

約109.4 x 61.9 x 35.2 mm 約109.4 x 61.9 x 33.2 mm
質量(重さ) 約262g(バッテリー、SDメモリーカード含む)、約232g(本体のみ) 約257g(バッテリー、SDメモリーカード含む)、約227g(本体のみ)
発売日 2021年10月上旬 2019年3月15日

感想と考察

大きく変わっているのは焦点距離のみ。(重さの少し軽量化されているが、もともとGRiii自体が232g と非常に軽量であるため、た5g 軽量化されたところで実感はないだろう。)

焦点距離が長くなったので、より被写体に的を絞った写真が撮れる様になった。35mm換算で40mmなので、やや風景を撮影するには取回しが難しくなったが、被写体にフォーカスするような(ポートレートとか)写真は取りやすくなっただろう。おそらく、この焦点距離が違うバージョンが最大のウリとして発売する予定なのが伺える。最近のスマホは広角の撮影が得意であることからも、スマホとの差別化を狙っているのかもしれない。「スナップシューター」のライバルは、高感度、高画素、連射に優れた一眼レフではなく、今ではほとんどの人が持っているスマホなのだから。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 一眼レフカメラへ
にほんブログ村

ブロトピ:今日のブログ更新


写真(全般)ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。